080-9472-6352

ブログ

2017/04/27(木)

腰椎分離症で気をつけること。

カテゴリー:腰椎分離症, 腰痛

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

前回までは分離症の概要や注意点をご紹介しましたが

今日は分離症になってしまった時の考え方について

お伝えしていこうと思います。

 

特にスポーツを頑張っているお子さんがおられる方に

読んでいただければと思います。

 

 

 

分離症になってしまったらどうするべきか?

 

分離症は繰り返し動作による疲労骨折です。

なのでまずは安静・休息が1番になってきます。

 

しかし、この「休みを取る」という簡単なことが

なかなかできないのが現状にあります。

 

それは、分離症の好発年齢は10代なので

多くの子がクラブ活動などで練習メニューを

指導されているので自分で自由に休むことが

できない環境に置かれていることがあるます。

 

また、分離症になるぐらいなので練習量も多く

毎日練習なんてとこがほとんどだと思います。

 

 

 

 

分離症にならないための予防として

 

「運動前後のストレッチ」が有効になります。

腰回りの筋肉や関節が柔らかいと腰の骨にかかる負担が

軽減されて分離症の予防になります。

 

しかし、これもまたあまりできていない事が多いです。

まず、小さい子はストレッチの意味や効果を理解していなかったり

ストレッチの方法などがわかっていない事が多く

中高生でも練習メニューにストレッチを組み込んでいる所は少なく

ストレッチは自分でやる。みたいな所が多いと思います。

 

 

 

 

分離症の発見を遅らさない

 

前回も言いましたが分離症は発見が遅れることが多いです。

そもそも症状が軽度だったり本人が痛みを言わなかったりします。

 

特にクラブチームや強豪校などに入っている子は

レギュラー争いなどで休息を取ることを嫌がったり

体の不調を隠そうとする子が多いとおもいます。

 

僕も以前整骨院で働いていた時にスポーツ少年を

たくさん見ていましたがそのその多くの子が

体に何らかの痛みを抱えていながらプレーをしていて

重症化している子もいました。

 

 

 

 

最後に

 

分離症は早期発見で骨癒合が期待でき偽関節になるのを

防ぐことができます。

偽関節になってしまうと骨は一生くっつくことはありません。

骨癒合を目指すには安静や時にはコルセットを装着など

スポーツを我慢しなくてはいけない期間が出てきます。

 

ここで問題が出てくると思います。

スポーツを頑張っている子は痛みが軽度なら

スポーツをやめたくないでしょう。

しかし、将来的に痛みが出やすい体になってしまう

という事をしっかり説明してあげて選ばせてあげてください。

 

僕の経験では偽関節になるのを承知で今スポーツを

頑張りたいという子も多かったです。

なのでリスクをしっかり説明した上でうまくサポートを

してあげてください。

 

 

今日は分離症についての考え方についてお伝えしました。

参考にしていただければと思います。

 

では本日はこの辺で失礼いたします。

こちらの動画も合わせてごらんください。

大津市 堅田 整体 分離症とうまく付き合っていくために。
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

大津市 堅田 整体 分離症とうまく付き合っていくために。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

11月30日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。