080-9472-6352

ブログ

2017/05/20(土)

薬に少しでも疑問を持っている方は読んでみて!

カテゴリー:日常での注意点 , 腰痛 湿布・薬

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

先日フラ〜とコンビニに入ってフラ〜っと本を眺めていたら

ものすごく興味がそそられるものを発見してしまいました。

それは「週刊現代」という雑誌です!

僕はあんまり週刊誌という物は興味がないので

あまり買わないのですが今回はすぐ買ってしまいました。

 

 

 

 

 

何がそんなに興味をそそられたかというと

その中のある文字が目に飛び込んできたからです。

それは!

「あなたは薬を『誤解』している」というものです。

 

内容について詳しく知りたい方は買って読んで欲しいのですが

簡単に言うと多くの方が不要な薬を飲んでしまっている。

そしてその薬のせいで体調を崩しているという内容です。

 

 

 

 

みなさんの中にも薬を飲んでおられる方は多いと思います。

 

でも本当にそれって必要なんですか?

その薬について疑問持ったことないですか?

その薬を一生飲んでいって大丈夫なの?

副作用ってどんなものがあるんだろう?

本当は薬をやめたほうがいいと思っている。

 

 

など思ったことがある方は1度読んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

 

または、

 

病気は薬で治すもの、薬を飲まないと治らないと思いっている。

新しい薬ほど良く聴くと思っている。

症状はないが予防の為に薬を飲んでいる。

薬を出してくれないお医者さんは信用できない。

 

などを思ったことがある方も読んでいただきたいと思います。

 

 

 

 

 

こんなことを言うと出版社からお金貰ってるの?とか

思われそうですが…そんなことはありません(笑)

 

以前からブログを読んでいただいている方なら分かるかもしれませんが

薬の使用については慎重になってくださいとお伝えしています。

 

 

 

それは薬の飲み過ぎが原因で腰痛になっている人が多いからです。

 

もし周りに毎日薬を飲んでいる方がいたら腰を触ってみてください。

その方の腰はカチカチではないですか?

もしくはお腹が硬くないですか?

その硬さは薬が原因となっている事が多いです。

 

 

当院でも1度にたくさん薬を飲んでおられる方には

1つでもいいので少なくできませんか?と聞きます。

そして、薬を減らしただけで腰痛が改善したや

体が軽くなった、ふらつきにくくなったなどの声を

よく聞きます。

 

 

 

確かにⅠ型の糖尿病など薬が絶対に必要なものなどもあり

この雑誌の内容が全て正しいとは思いません。

 

しかし、実際に不必要だったり過度に薬を服用している人も

多いと思います。

なので少しでも薬に不安や疑問がある方は読んでみて

何か感じてもらえればいいかなっと思います。

 

 

今日はいつもと違う感じで長文を書いてしまいましたが

参考にしていただけたら嬉しいです。

時々こんな事も書いていこうと思うので何か質問などあったら

連絡してください。

 

では本日はこの辺で失礼します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月31日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。