080-9472-6352

ブログ

2017/09/22(金)

ボキボキ整体について考える。

カテゴリー:セルフケア方法, 腰痛

 

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

安室奈美恵さんが来年引退を発表されましたね。

最近僕の世代だった歌手や、スポーツ選手などが引退されています。

なんかすごく寂しい感じがしますね。

僕はまだまだ引退できないんで頑張っていきます。

 

 

 

 

当院に来られる患者さんからよく聞かせる質問があります。

それは、「関節をボキボキ鳴らすのっていいですか?」というものです。

最近はボキボキ鳴らすのは「危険だ!」とか「ダメ!」という認識が広まっているようですが、今日はそんなボキボキ鳴らすことについて考えていこうと思います。

 

 

 

 

そもそもなぜボキボキなるのか?

 

まずあの「ポキッ」という音は関節の中でなっています。

関節は関節胞という袋に包まれておりその中を関節液というもので満たされています。

関節液は、関節の動きを滑らかにしたり関節の軟骨に栄養を与えたりするなど重要な役割をしています。

関節胞には常に圧力がかかっており、関節の過度な動きによりその圧力が変化すると関節液の中に含まれる窒素ガスが弾けて音がなります。

 

 

 

 

 

なぜ音がなるとスッキリするのか?

 

肩こりの方が首を鳴らすと「瞬間的にすごくスッキリする」ということがあると思います。

それは何らかの原因で関節に負担がかかり関節胞ないの圧力が高まってしまっています。

関節胞は圧力が高まると伸ばされその信号を脳に送り、その信号を受けた脳はそれを肩こりや首こりとして認識します。

首の音を鳴らすと窒素ガスが弾けて関節胞の緊張が下がるので、コリが軽減した感じが得られるのです。

この状態はある程度続くので同じ関節は2度は鳴らないと思います。

 

 

 

 

でも実は・・・?

 

いつも首を鳴らしておられる方なら築いておられるかもしれませんが、この効果は瞬間的なものです。

関節からガスが弾けて圧力が下がるのはその時だけのものなので、また時間が経ってくるとコリ感が出てきてしまいます。

 

関節の圧力が高まっている原因を改善しないとまたすぐに圧力が高くなります。

むしろ何度も鳴らすことで関節を痛めてしまうこともあります。

事実、厚生労働省も安易に首をボキボキする治療は危険だと警鐘を鳴らしています。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

実際ボキボキする整体は良いのか悪いのかというととても難しい問題です。

中にはとても勉強されていて技術もある先生なら治療として効果があるかもしれません。

しかし、中には骨を鳴らすことに注目する方や事故になっている例もあるので注意が必要です。

 

治療はリラックスして受けないと効果は最大限に出ないので、もし少しでも怖さがあるならオススメはできません。

一番良くないのは「その時スッとするから」という理由だけでボキボキしてもらいに行くのは、体は全然良くなっていないので辞めたほうがいいと思います。

ボキボキ鳴らさなくても症状がない状態にするのが治療ですからね。

 

もし、今治療をどうしようか迷っておられる方は参考にしていただけたらと思います。

では本日はこの辺で失礼します。

こちらの動画おあわせてご覧ください。

大津市 堅田  ボキボキ鳴らす治療は体にいいのか?
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

大津市 堅田  ボキボキ鳴らす治療は体にいいのか?

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

8月31日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。