080-9472-6352

ブログ

2018/02/19(月)

急な腰痛と気付いたら痛い腰痛はどっちが重症?

カテゴリー:日常での注意点 , 腰痛 原因, 腰痛になりやすい人の特徴

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷 拓人

 

 

 

今日のテーマは

「あなたは腰痛になるきっかけがありましたか?」です。

 

どういうことかというとあなたが腰痛になった原因がしっかり思い当たりますか?ということです。

 

これがはっきりしているかしていないかであなたの腰痛の重症度がわかってきます。

 

例えば、

「物を持った時にぎっくり腰になり動けない」

「何もしていないのに3週間前から腰が痛い」

ならどちらが重症だと思いますか?

 

 

動けないぎっくり腰の方が重症だと思うかもれませんが、実は後者の何もしていないのに腰が痛い方が重症になってきます。

 

 

 

 

 

 

原因の思い当たらない腰痛はなぜ治りにくいのか?

 

明確な原因のある腰痛は体に大きな力が働き炎症などを起こして痛みとして認識します。

その痛みはぎっくり腰のように動けないぐらい強く出る場合もありますが、体はその異変に対して自己修復機能が働きます。

なので、多くの場合は安静にしていれば痛みは改善されていきます。

 

 

しかし、明確な原因が思い当たらない腰痛の場合では体に損傷や炎症が起こらず、体もその異変に気づかず自己修復機能が働きにくいです。

なので、痛みはなかなか改善されません。

また、この場合の腰痛の原因は姿勢や生活習慣が関わっていることが多く、そこを改善しないと症状は改善せず慢性化し、どんどん重症化して行ってしまいます。

 

 

もし、今悩んでおられる腰痛の原因がはっきり覚えていない方は、今すぐにでも改善にむけて治療を開始した方がいいと思います。

 

また、原因はしっかりしているが痛みが半年以上続いているという方も腰痛の原因が変わっている可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

今日の内容は腰痛だけに限らず、肩こりや膝痛など体の痛み全般に対して言える話です。

もし、あなたの悩んでいる痛みの原因がわからない場合は早く専門機関などで診てもらった方がいいかもしれません。

治療の開始が遅れれば遅れるほど治りにくくなりますからね。

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いとは?  大津市 堅田 整体院
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

ぎっくり腰と慢性腰痛の違いとは?  大津市 堅田 整体院

 

 

 

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

9月30日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。