080-9472-6352

ブログ

2018/03/12(月)

膝の水を抜くと”癖”になるのか?

カテゴリー:膝の痛み

 

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

 

今日も「膝の痛み」をテーマにやっていきます。

 

前回は膝に水が溜まった場合、その水を抜くべきなのか?について話しました。

 

この膝の水を抜くという話をすると必ず出てくるのが、

膝の水を抜くと癖になるんですよね?」という疑問です。

 

 

当院でもよくこの質問をされますが、結論から言うと

癖になることはない!」です。

 

ではなぜこのような話がみなさんの耳に届くようになったのでしょうか?

そこにはこんな理由があります。

 

 

 

 

 

なぜ膝の水を抜くと癖になると言われるのか?

 

まず膝に水が溜まるのは関節に何らかの炎症がおこっていて、それを治そうとして水が溜まります。

その結果、膝の痛みや関節の運動制限などの症状が出ます。

 

そこで関節の水を抜くと、関節内の圧力が一時的に下がるので瞬間的に痛みの改善や、可動域の回復が見られます。

 

しかし、ここで注意しなければいけないのは、まだ関節の中では炎症が続いているということです。

 

多くの人が瞬間的に痛みが緩和されることで、「治った」という勘違いをしてしまいます。

そして、また膝に負担をかける行為をしてしまい再度水が溜まってしまいます。

なので「水を抜くと癖になる」なんてことが言われるのでしょう。

 

 

 

例えば雨漏りをしている所にバケツを置いて治ったと言っているようなものです。

雨漏りの原因である屋根をしっかり修復しなくては、雨が降るとまたすぐに水が落ちてきてしまいます。

 

あなたの膝の屋根に当たる部分が、股関節なのか足首なのか?またはもっと違う場所をしっかり治療しないと根本的な改善にはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

このような噂が流れるのは施術者側の説明不足も大きく関係しており、そこは僕も反省すべきだと思います。

なのでこれを読んでいただいた方には正しい知識を身につけていただければと思います。

 

何度も言いますが膝に水が溜まることは”癖”にはなりません。

原因となっている場所を正しく治療できていれば、膝に水が溜まることもありません。

もし、今繰り返す膝の水にお悩みの方は1度、膝以外のところに目を向けて頂くのがいいと思います。

早く本当の原因を見つけて治療を開始してください。

 

では本日はこの辺で失礼します。

 

膝の水を抜くと”癖”になるのか?  大津市 堅田 整体
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

膝の水を抜くと”癖”になるのか?  大津市 堅田 整体

 

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

8月31日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。