080-9472-6352

ブログ

2018/03/19(月)

膝のサポーターは効果があるんですか?

カテゴリー:膝の痛み

 

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

 

今日も「膝の痛み」をテーマにやっていきます。

 

膝の痛みでお悩みの方で「サポーター」を使っているという人はおられるでしょうか?

 

当院に来られる患者さんの中にもサポーターを使用している方がおられます。

自分で購入されたものや、病院で勧められて購入された方など様々です。

 

しかし、サポーターをしている方の中に

「サポーターっていつまでつけてればいいの?」

「サポーターの使いすぎはいけないって聞いたことあるけど?」

など疑問に思ったことはないでしょうか?

 

今日はそんな疑問にお答えしようと思います。

 

 

 

 

 

サポーターってなんでつけるの?

 

サポーターといっても伸縮性のある筒状のものや、マジックテープで固定するものなど様々な種類があります。

 

それぞれ膝の状態や用途によって使い分けが必要なのですが、その最大の目的は「膝関節の保護」です。

あとそれに少しの保温効果といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

メリット・デメリットは?

 

サポーターの目的は「膝の保護」ですがそれによって得られるメリットとして、

・膝に安定感が出る。

・膝の歪みが修正され痛みが減る。

・膝の負担を軽減し再受傷を軽減。

・つけることでの安心感。

などがあります。

 

 

メリットがあればもちろんデメリットがあり、

・効果は一時的であり根本改善にはならない。

・長時間のつけすぎは筋力が低下する。

・締め付けがきついと血流が悪くなる。

・肌荒れなどの原因になる。

・膝以外の関節に負担がかかる。

などがあります。

 

なのでサポーターを使用する際は、このメリット・デメリットを考慮した方がいいです。

 

 

 

 

 

サポーターを卒業するのが目標です!

 

膝の痛みが強い時や膝に負担のかかる場合に、サポーターを使用するのは大賛成です。

 

しかし、サポーターはあくまでも膝の保護・サポートが目的で、それに頼りきりになるというのは良くありません。

「つけていた方が安心するから」という理由で年中つけている方もおられますが、それは返って自分の膝を悪くしていることがあります。

 

冷やさないために…」と思っている方も、サポーターだけの効果はそれほど高くないんです。

血流が悪く冷えた体にサポーターをしてもさほど保温効果はありません。

それよりも痛みが軽減してきたなら、動いて血流を良くして体を温めた方が膝にも体調も良くなりますよ。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

膝のサポーターについてなんとなくわかっていただけたでしょうか?

サポーターは膝の痛みを抱えた方には、とても頼りになるものだと思います。

しかし、ずっとつけっぱなし頼りきりになるのはダメです。

 

なのでいつかサポーターに「今までありがとう」と言える日を迎えられるように、小さなことからやっていってください。

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

本日も最後までご覧いただいきありがとうございました。

 

膝の痛みにサポーターは効果的なの?  大津市 堅田 整体
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

膝の痛みにサポーターは効果的なの?  大津市 堅田 整体

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

8月31日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。