080-9472-6352

ブログ

2018/04/20(金)

そのサプリメント本当に飲んでも大丈夫ですか?

カテゴリー:体質改善, 健康 サプリメント, 健康でいるために

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

今日は「サプリメント」についてお伝えします。

 

前回サプリメントを飲むことについての疑問をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

もし前回見逃した方は、先にそちらを読んでいただいた方が今日の内容がわかりやすいと思います。

 

「そのサプリメント本当に必要ですか?」

 

 

今日はさらに「サプリメントの危険性」についてお伝えしていこうと思います。

 

健康の為の食品なのに「サプリメントの危険性?」と思われるかもしれません。

しかし、サプリメントにはあまり知られていない危険性があります。

 

なのでその危険性を知った上で、本当にいいサプリメント選びの指標にしてください。

 

 

 

 

 

サプリメントの危険性①

〜過剰摂取〜

 

サプリメントはある特定の栄養素を濃縮してあります。

しかし、その濃度は通常の食品と比べてありえない濃度のものが大半で、体はその濃度に耐えられない事があります。

 

ビタミンCを例に挙げると。

ビタミンCは1回の量が500mg以下なら90%ぐらい吸収されます。

しかし、1回の量が1000mgを超えたあたりから、急激に吸収率が21%ぐらいまで下がります。

また、空腹時より食後の方が吸収率は高くなります。

 

吸収できなかったビタミンCは尿として排出されますが、その際腎臓は無駄な仕事をしないといけないので負担になります。

 

それどころか、ビタミンCの過剰摂取は「下痢」や「腹痛」、「吐き気」などを引き起こすことがわかっています。

 

 

 

 

〜過剰摂取②〜

 

水溶性ビタミンの場合は過剰にとっても尿として体外に排出されるので、症状が長引く事が少ないです。

 

しかし、脂溶性ビタミンと呼ばれる水に溶けない栄養素や、鉄や亜鉛などのミネラルというものは更に注意が必要です。

 

これらは過剰に取りすぎた場合、尿ではすぐに排出されず症状が長引く事があります。

 

例えば、

ビタミンA・・・頭痛、脱毛、皮膚乾燥、肝機能障害

ビタミンD・・・腎障害、石灰沈着、嘔吐

ビタミンE・・・頭痛、疲労感、吐き気

ビタミンK・・・貧血、黄疸

 

鉄・・・・・・・肝機能障害、不整脈、下垂体機能不全

亜鉛・・・・・・吐き気、嘔吐、生殖機能低下、味覚低下

 

などがあり中には重篤なものがあります。

 

なのでサプリメント選びは慎重にしていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

栄養素は少なすぎてもダメですが過剰に取りすぎてもダメです。

サプリメントは栄養素を濃縮しているので過剰に取りすぎやすいです。

 

なので基本的に栄養素は食事からとるのをお勧めします。

 

もし、「何かの栄養素が足りないかな?」と思われた場合は、その栄養素を多く含む食品から始めた方が良いです。

食品からなら過剰摂取になることは少なく安全です。

 

 

※お医者さんから処方された物は症状を診断して出されており、分量も計算されているのでしっかり飲んでください。

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

サプリメントが危険な理由 過剰摂取  大津市 堅田 整体
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

サプリメントが危険な理由 過剰摂取  大津市 堅田 整体

 

 

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

8月31日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。