080-9472-6352

ブログ

2018/09/20(木)

【腰痛改善】 腰痛になりにくい体を作る  股関節編

カテゴリー:セルフケア方法, 肩こり 改善, 腰痛 改善

 

 

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

 

前回まで腰痛になりにくい体を作るということで、「肩関節」と「体幹」の動きのチェック方法をお伝えしました。

 

 

第3弾の今日は「股関節の動きのチェック方法」をお伝えしていきます。

 

 

 

股関節の動きの悪さは腰痛とかなり関連性があり、慢性的な腰痛の7割ぐらいは股関節の動きが悪いことが原因です。

 

 

 

 

特に運動習慣のない方は、知らないうちにすごく硬くなっている方が多ので注意が必要です!

 

 

 

 

 

 

 

股関節の動き

 

股関節は大腿骨と骨盤との間の関節で、球関節といい肩関節のように可動域の広い関節です。

 

その為、その動きが制限されると腰痛など様々な不調の原因になります。

 

また1度障害を受けたり硬くなったりすると、改善するまでに時間がかかる場所でもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

股関節の動きをチェックする方法

 

股関節の動きは屈曲・伸展・内外転・内外旋に分けられます。

 

この中で特に屈曲動作と内外旋動作が硬くなると、腰痛などの原因になりやすくなります。

 

 

 

〜屈曲動作のチェック方法〜

 

屈曲とは足を前にあげる動作や、仰向けになって膝を抱えてくる動作になります。

この膝を抱えてくる動作がよく硬くなっている方が多いです。

また、左右で膝と胸の距離が違うということもよくあり、体のバランスが崩れている指標になります。

 

 

 

〜回旋動作のチェック方法〜

 

回旋は股関節を捻る動作です。

仰向けに寝てつま先を内側・外側と向ける方法と、あぐらをかくという方法の2種類あります。

 

この場合も左右さやあぐらがしっかりかけるか?を見ていきます。

 

また、イスに座って足を組むような姿勢ができるかも重要なチェック方法になります。

 

 

もしあぐらや足が組めない場合は、股関節はそうとう硬くなっている可能性があり、その状態ではなかなか腰痛は改善しないでしょう。

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

股関節は体の体重を支えるとても大切な関節です。

その動きが悪くなると体調は本当に悪くなります。

 

そして、自覚症状があまり出ないので硬くなっていこのに気づきにくいです。

 

 

なので、今の状態をしっかり把握して硬い方は少しずつ緩めていき、そうでない方は硬くならないよう毎日ケアしてあげてください。

 

 

股関節がやらかいと血流も良くなるで、その他の慢性的な症状も改善できるかもしれません!

 

 

【腰痛改善】 股関節の動きをチェックする方法  大津市 堅田 整体
滋賀県大津市で唯一の『慢性腰痛専門』整体院 あすたか 整体院あすたか HP

【腰痛改善】 股関節の動きをチェックする方法  大津市 堅田 整体

 

 

では本日はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

 

 

5月31日(金)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。