080-9472-6352

ブログ

2019/10/04(金)

腰痛の基本的な分類について。

カテゴリー:体質改善, 腰痛 原因

 

 

from…大津市 堅田の整体院より

小谷拓人

 

 

こんにちは、大津市堅田で慢性腰痛専門の整体院をしています小谷です。

 

 

 

 

今日は『腰痛の分類』についてお伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

腰痛を治す際にまずしなければいけないのはこの分類です。

この分類をしないと腰痛治療はうまくいかないことが多くなります。

 

 

 

その分類とは「急性腰痛」なのか「慢性腰痛」なのかです。

 

 

 

 

 

 

急性腰痛と慢性腰痛

 

・急性腰痛

 

ぎっくり腰や痛みがで出して1週間程度の腰痛を急性腰痛と言います。

受傷原因がはっきりわかっているものが多く、腰の関節に炎症などを起こしてる場合があります。

 

 

転倒などの大きな外力が加わっている場合は骨折なども疑いもあります。

 

 

治療法としては高齢の方や大きな外力が加わった場合は整形外科の受診をお勧めします。

患部を触って熱感があれば湿布や氷水で冷やすのが効果的です。

痛みが強い場合は痛み止めの服用も効果があります。

あとは安静にしておくことが重要せです。

また、患部以外で動かせるところは動かしておくと早く良くなります。

 

 

 

 

 

・慢性腰痛

 

3ヶ月以上腰痛が続いているもので、原因がわからないものを言います。

 

 

 

整形外科を受診しても「骨に以上がない」と言われることが多いです。

患部に炎症はなく湿布などが効かず、痛み止めもその時しか効果がありません。

 

 

 

原因の多くは筋肉の硬直や関節可動域の減少によるものです。

なので治療は筋肉を柔らかくしたり血流を良くしたりするのが大切です。

 

 

 

 

 

どっちが治りにくいの?

 

急性腰痛の場合、骨折などを起こしていない腰痛は勝手に治ります。

 

 

 

しかし、慢性腰痛の場合は勝手に治るということはほぼありません。

むしろその症状はどんどん悪化し難治性の腰痛へとなってきます。

 

 

 

なのでもし3ヶ月以上続く腰痛がある方は今日からケアを始めてください。

それは体操でもストレッチでも構いません。

 

 

 

腰痛歴が長くなればなるほど治りにくくなり、その後が辛くなりますよ。

 

 

 

 

もし、何をしたらいいかわからないといういう方は1度相談してください!

使える体は1つしかないですからね!

 

 

 

 

では本日はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 
 

腰痛を根本から改善したい方はこちらから!

 

当院ホームページへ

 

お問い合わせはこちらから

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 

 

—————-           大津市堅田 整体院あすたか  小谷

 

 

 

10月31日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。