080-9472-6352

ブログ

2020/06/26(金)

雨の日に体調を崩す理由

カテゴリー:セルフケア方法, 体質改善, 健康でいるために, 日常での注意点 

 

 

from…大津市 堅田の整体院より小谷拓人

こんにちは、大津市堅田で慢性腰痛専門の整体院をしています小谷です。

今日も腰痛を改善するヒントやアイデアをお伝えします!

 

 

 

 

 

今日は「雨の日に体調を崩す理由について」です。

 

 

 

 

 

 

 

梅雨で雨が多くなると体がだるいとか頭痛になるという方がおられますよね?

 

 

 

 

 

 

 

今日は、その現象の原因についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

・雨の日の体の不調について

 

 

晴れの日と雨の日の違いといえば”気圧”で、雨の日は気圧が下がります。

気圧が下がると体を押し付けている力が弱くなります。

 

 

すると体は小さくですが”膨張”し、この膨張こそが体の不調の原因です。

 

 

体が膨張すると血管が通っている隙間などが狭くなります。

すると血管が締め付けられ血流が悪くなります。

 

 

 

血流が悪くなると、全身に酸素や栄養素が行き渡らなくなりダルさとして感じます。

 

 

それが、脳に行く血管なら頭痛として感じることもあります。

 

 

 

 

また、脳が入っている脳腔という場所も膨張により広がります。

その広がりを感じ取り頭の重さとして感じます。

 

 

 

 

このように、気圧が下がると体に膨張が起こりその結果、様々な症状を起こします。

 

 

 

 

 

 

 

・体調が悪くなる人と、ならない人の違い

 

 

気圧の低下での体の膨張はすべての人に起こります。

しかし、症状が出る方とでない方がおられるのはなぜか?

 

 

それは、体の許容範囲の違いがあるからです。

体が硬い方などは普段から様々な場所が狭くなっています。

 

 

なので、少しの膨張で腫れていると脳は過敏に思ってしまいます。

 

 

 

 

逆に体が柔らかく余裕がある方は、少し膨張したところで脳は反応しません。

 

 

 

 

この違いが症状の個人差になります。

 

 

 

 

 

 

 

・雨で体調が悪くなる方は気をつけて

 

 

気圧の変化で体調を崩してしまうという方は、様々なところが詰まりやすいという事です。

もしくは、もう既に少し締め付けられてしまっている可能性があります。

 

 

なので、しっかり体を緩めるようにしないと後々大変な事になるかもしれません。

 

 

 

まずはしっかり水を飲む事、軽い運動から始めてみてください。

くれぐれも、『体質だから』という事でほっておかないでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

あなたの体は1つだけですよ!

本気で改善したい肩は僕に相談してください!

僕も本気でお手伝いさせていただきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛を根本から改善したい方はこちらから!

https://seitaiin-asutaka.com

 

 

 

 

当院ホームページへ

 

メールでのお問い合わせ

 

電話でのお問い合わせ

080-9472-6352

 

「整体院あすたかです!」と電話と言いますので

「ブログを見て予約したいのですが。」とお伝えください。

 

 

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 

 

—————-           大津市堅田 整体院あすたか  小谷

 

 

 

9月30日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。