080-9472-6352

ブログ

2020/07/01(水)

雨の日に”古傷”が痛んでくる理由

カテゴリー:セルフケア方法, 健康でいるために, 日常での注意点 

 

from…大津市 堅田の整体院より小谷拓人

こんにちは、大津市堅田で慢性腰痛専門の整体院をしています小谷です。

今日も腰痛を改善するヒントやアイデアをお伝えします!

 

 

 

 

 

今日は「雨の日に”古傷”が痛む理由について」です。

 

 

 

 

 

『古傷の痛みで天気がわかる」という方って時々おられますよね?

 

 

 

 

 

当院にもたまに来られますが、これはどういう状況なのか知っておられますか?

 

 

 

 

 

今日はそのメカニズムをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

天気が悪くなると痛みが出る理由

 

 

天気が悪くなると気圧が下がり、身体は少し膨張します。

特に袋の形状をしている”関節包”と呼ばれる場所は気圧の影響を受けます。

 

 

正常な方ならその変化を体がうまく吸収します。

しかし、何らかの原因で関節包に傷がある方は、その気圧の変化にうまく対応できません。

 

 

それは、傷となった部分が本来の部分とは異なり伸縮性がないからです。

 

 

 

 

また、筋肉も傷がつくと伸縮性が低下し気圧が低下した際に突張ったような感覚が出ます。

 

 

 

特に、体や関節が硬い方は元々圧力が高いので、少しの変化で症状が出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

症状が出にようにするには?

 

 

気圧の変化に敏感に反応しないようにするためには、体を柔らかくすることが大切です。

いつも言いますが、水を飲むこと、軽度な運動をすることがとても有効です。

 

 

 

古傷だから仕方がない…と諦めると更なる症状が出やすくなります。

 

 

 

もし、今天気によって体調が変化するという方は注意して改善してください。

そうしないと、毎日がどんどんしんどくなりますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

あなたの体は1つだけですよ!

本気で改善したい肩は僕に相談してください!

僕も本気でお手伝いさせていただきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛を根本から改善したい方はこちらから!

https://seitaiin-asutaka.com

 

 

 

 

当院ホームページへ

 

メールでのお問い合わせ

 

電話でのお問い合わせ

080-9472-6352

 

「整体院あすたかです!」と電話と言いますので

「ブログを見て予約したいのですが。」とお伝えください。

 

 

 

慢性腰痛

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 

 

—————-           大津市堅田 整体院あすたか  小谷

 

 

 

8月31日(月)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。