080-9472-6352

ブログ

2021/07/26(月)

ぎっくり腰になる前の前兆を見逃すな!

カテゴリー:ぎっくり腰, セルフケア方法

 

from…大津市 堅田の整体院より小谷拓人

こんにちは、大津市堅田で整体院をしています小谷です。

今日も腰痛を改善するヒントやアイデアをお伝えします!

 

 

 

 

 

 

 ぎっくり腰の前兆について

 

 

 

 

 

 

皆さんはぎっくり腰って突然なるものだと思っていませんか?

確かに多くのぎっくり腰は突然来ます。

 

 

 

 

 

 

ただ、当院で問診をしていると前兆のようなもを感じてた方も多くおられます。

なので、今日は当院で多かった”ぎっくり腰の前兆”をシェアします!

 

 

 

 

 

 

まずはじめにぎっくり腰は腰が悪くてなるのはほとんどありません。

多くは全身の筋疲労や関節の動きが悪くなり、その負担が腰に出るのが原因です。

なので、ぎっくり腰の前兆は上半身や下半身に出ます。

 

 

 

 

 

 

 

まずは上半身で多いのが、腕をよく使った後にぎっくり腰になったというものです。

 

例えば、新聞や雑誌をまとめて捨てたとか、草刈りをした後のゴミをたくさん運んだとか

手で持てるけど少し重たいぐらいの物を、たくさん運んだ方が多いです。

 

 

 

 

 

この時に、いつもの肩こりの感じではなく背中の広い範囲に張った感じや

違和感が出てた方が多いです。

 

何かいつもと違う感じがしたら「ぎっくり腰かも?」と思った方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に下半身ですが、これはすごくよく歩いた後や山登りをした後や

”こむら返り”や”ふくらはぎの張り”を感じた方が多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

これらの行動や前兆はぎっくり腰の当日のことではなく

2日から3日前に感じている方が多かったです。

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、これらの前兆から2・3日の猶予があり

その間にしっかりケアをすればぎっくり腰を未然に防ぐことが可能だという事です。

 

 

 

 

 

 

硬くなった筋肉というのは触る(押す)と痛い場合が多いです。

 

なので、ぎっくり腰の前兆が現れた時は体の触ると痛い場所を探して

ゆっくりほぐしてあげてください。

それだけで、ぎっくり腰になる確率を大きく下げる事ができるはずです。

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰になったら2・3日は大変な生活を過ごさないといけません。

体はいつも張り感だったり違和感としてサインを送っています。

そのサインを見逃さないようにしてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しい内容はこちらでご確認ください!

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

 

 

 

 

では本日はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

あなたの体は1つだけですよ!

本気で改善したい方は僕に相談してください!

僕も本気でお手伝いさせていただきます!!

 

 

 

 

 

腰痛を根本から改善したい方はこちらから!

https://seitaiin-asutaka.com

 

 

 

 

当院ホームページへ

 

メールでのお問い合わせ

 

電話でのお問い合わせ

080-9472-6352

 

「整体院あすたかです!」と電話と言いますので

「ブログを見て予約したいのですが。」とお伝えください。

 

 

 

肩こり

ぎっくり腰

脊柱管狭窄症

すべり症

ヘルニア

坐骨神経痛

 

 

 

—————-           大津市堅田 整体院あすたか  小谷

 

 

 

9月30日(木)まで
先着6名様限定割引 → 残り3名様

ご予約は今すぐお電話で

080-9472-6352

【受付時間】9時〜20時(日曜 定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。